carol

わたしたちのまいにち。

no title

6月11日
関わって亡くした親友のような、仲間達は
ふとしたときっていうレベルじゃなくて、
いつも生きてる感じ。
やっぱり切りたい、
やっぱり飲みたい、
やっぱり絞めたくなる。
もう誰の何がなんて理由が思いつくほど、
可愛いものじゃなくて、
きっとこの先どんなに良いことが起きても、
死にたいは基本スペックで変われないんだろうな。
死にたいって思いを抱えて漂流してきて、
たまたま漂流した者同士で死にたいのに、
ささやかな夢や理想を文字で交わしたりする。
もういないんだよなぁ。
もし、一生懸命生き切って
もし、あの世があって、精神だけ残ってて
超音波みたいなので話すことが出来るなら、
「私頑張ったよ!話してたことしてきたよ!」
って言いたい。
そしたら、褒めてくれるかな。
「頼まれた分も頑張ってきたんだからね!」
って言わなきゃな。

広告を非表示にする